ブログ

ADM治療

美肌治療

2021.05.08

ADM治療picoスポットの1回後の症例写真です。

(18ヶ月後ですが、他の治療はしておりません)

よく見るとほんの少し残ってはいますが、

従来のレーザーと比べものにならない程良い結果です。

ADMとは後天性真皮メラノサイトーシス(Acquired Dermal Melanocytosis)の略で、

太田母斑に似ていることや、20歳前後から出現することから遅発性太田母斑と呼ばれることもあります。

明らかな原因は不明ですが、

通常はしみが存在しない皮膚の深い部分(真皮)に色素沈着と色素細胞が見られるため、

「アザ」と呼ばれることもあります。 頬骨上に左右対称に出現することにより、

好発部位が似ている肝斑やそばかすと間違われやすいですが、

出現年齢、色調、形、分布などで、典型的なADMだと見分けは容易です。

シミや肝斑と混在していることもあります。

 

治療💉picoスポット

回数⌛️普通のシミと違って数回はかかります。個人差はありますが、

従来のQスイッチレーザーに比べると半分程という印象です。2から3回はかかると見ておいてください。

費用💰一回22000円(税込)別途軟膏代528円がかかります。

副作用🥵長後は発赤、腫脹。

普通のシミと同様炎症後色素沈着もでますが、

それとは別に一旦(特に2~3ヶ月)ADM自体も濃くみえます。半年程かけておちつきます。

その他にかかる費用…早く炎症後色素沈着を引かせる為にビタミン剤の内服、美肌剤の外用をおすすめします。

お化粧💄照射翌日から可能です。

 

ADMで悩まれるているかた お気軽にお問い合わせくださいませ

天神竹井皮膚科美容皮膚科

☎️0927382844